包括遺贈と特定遺贈

①包括遺贈とは、遺産を特定することなく割合で指定する遺贈をいいます。

包括受遺者は相続人と同一の権利義務を有することになるため遺贈の放棄や限定承認は相続開始の日から3ヶ月以内に行う必要があります。

②特定遺贈は具体的に財産を指定する遺贈です。

特定受遺者はいつでもこの遺贈の全部又は一部を放棄することができます。放棄された遺産については分割協議を行うことになります。

ページのトップへ