遺産分割の効果

遺産分割によって各相続人が取得した財産は、相続開始時に遡って被相続人から直接承継したことになります。ただし、遺産分割前になされた相続人の行為等に基づく第三者の権利を侵害することはできません。

財産が分割されるまでの間にその財産から収益が生じた場合、その収益は法定相続分に応じて各相続人に帰属します。所得税の申告時までに分割が行われなかった場合、各相続人にはその相続分に応じた所得課税が行われます(その後分割が行われても、修正申告や更正の請求は行いません。これは課税庁が民法909条但書の「第三者」に該当するためです。)。

ページのトップへ