利益相反行為

共同相続人中に、①親権者とその親権に服する未成年の子がいるとき、②同一の親権に服する複数の未成年の子がいるときに、その親権者が未成年者の法定代理人として遺産分割手続きを行うと、①親権者と未成年者②未成年者間の利益相反行為となります。

この場合、未成年者のために特別代理人の選任を家庭裁判所に請求する必要があります。

ページのトップへ